スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もりのがっしょうだん

作・たかどのほうこ 絵・飯野和好 教育画劇

もりのがっしょうだん





それは歌に気持ちがあらわれるお話。

クマとキツネとアナグマとハリネズミが
森の代表で歌を唄います。
その練習中、4匹はおしゃべりをして
仲良くなります。
みんな一生懸命仲良くなろうと
頑張っている様子がけなげですね。

間違いを認める勇気と
認めてからが勝負なのですよ。

森には4匹の素敵な歌声が響きます。
森も心も澄み渡る歌声が。

ほしになったりゅうのきば

再話・君島久子 絵・赤羽末吉 福音館書店

ほしになったりゅうのきば―中国民話 (日本傑作絵本シリーズ)





それは天の川が見えるお話。

勇敢な少年、サンは、
二匹の龍が喧嘩をした時に出来た
天の裂け目を直すため、旅をします。
サンは嫁にした白ひめと天を直すのです。
大きな世界観とスケールに圧倒されますね。

失敗をしても、あきらめない気持ちが
成長させてくれるのですね。

サンと白ひめの未来が、
星空にあるのですよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

しっぽ5まんえん

作・清水敏伯 絵・岡本颯子 ポプラ社

しっぽ5まんえん





それはしっぽを落としたたぬきのお話。

たぬきのポンがしっぽを落として
みんなに笑われてしまいます。
しっぽを探すポン。
そんな心配をよそに、
しっぽはいたちののチョロに拾われます。

本当に大切なものは
何にも代えられないものですね。

しっぽが何で5万円なのか?
いろいろあったのですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

八方にらみねこ

作・武田英子 絵・清水耕蔵 講談社

八方にらみねこ (講談社の創作絵本Best Selection)





それは小さな三毛猫の恩返しのお話。

小さな三毛猫は
おじいさんとおばあさんの家で暮します。
でも、小さいのでネズミを退治できません。
三毛猫は修行に出るのですが、
その修行がとても厳しいのです。
思わず「頑張れ!」と声が出ますよ。

人のために出来ることは、
まず自分を強くすることですね。

ねこの目が
だんだん強くなっていきますよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

あめふり

作・さとうわきこ 福音館書店

あめふり―ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集





それは雨雲とばあちゃんの戦いのお話。

ばばばあちゃんは雨降りに文句を言います。
でも、雨は降り止みません。
怒ったばあちゃんは雨を止ませようとするのですが、
その方法がとっても愉快ですね。
くもの上は大騒ぎですよ。

いくら青空が好きだからって
お天気と喧嘩をしてはいけませんよ。

雷様が出てきますよ。
小さくてかわいい雷様がいっぱい。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

さんまいのおふだ

再話・水沢謙一 絵・梶山俊夫 福音館書店

さんまいのおふだ(こどものとも絵本)





それは小僧の大逃亡のお話。

お寺の小僧が山でやまんばに追いかけられます。
便所の神様に貰った
三枚のお札を持って逃げる小僧。
やまんばの絵がとても恐ろしく
近づいてくるスリル感がたまりませんね

困難を乗り切る時は、
知恵と度胸が必要ですね。

お寺の和尚さんの堂々とした態度。
圧巻で拍手ですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ふしぎなでまえ

作・かがくいひろし 講談社

ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)





それは手間のかかる出前のお話。

芋のじゃがさんとさつまさんが
料理の出前を注文します。
ところが、お手軽なはずの出前は
手間がかかるのです。
じゃがさんとさつまさんの
なぜか頑張っている姿が素敵ですね。

どんなことでも、前向きに考えてやれば、
絶対何か残るものですよ。

久しぶりにラーメンの出前を
頼みたくなりましたね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ひつじのコートはどこいった

作・きたむらさとし 評論社

ひつじのコートはどこいった (児童図書館 絵本の部屋)





それは羊たちの謎解きのお話。

三匹の羊は海に行って
コートをなくしてしまいます。
羊のコートは羊毛なのですね。
コートを探すスリルとサスペンス。
でも、絵はかわいい羊たちなのです。

仲間がいれば、どんな困難でも
乗り越えていけますね。

大切なコートをなくした羊たち。
でも、のんびり捜索がいいですね。

やまのやまびこ

作・つちだのぶこ 偕成社

やまのやまびこ





それは寂しがり屋のやまびこのお話。

森の動物たちはおだんごやまの
やまびこが大好きです。
でも、やまびこは「ヤッホー」という
同じ言葉に飽きていました。
それだけでもおかしいですよね。

やりたいことは、まずやるのです。
やらせてもらえるまでを待っていては、ダメですよ。

山の植物も、動物たちの服も
個性的で見ていても楽しいですよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ももの里

作・毛利まさみち リブリオ出版

ももの里





それは大きな桃の実のお話。

春には桃の花が一面に咲く村、ももの里です。
男の子のタケは、最近村で生まれた太郎を
弟のようにかわいがります。
村全体が大きな家族のようですね。
村では男の子がめったに生まれなかったのです。

子どもを大切におもう心は、親同様、
老若男女、いつの時代も同じであってほしいですね。

この話の結末は、目からうろこ。
「ああ」って感じですよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

今日の気分は?

四つ葉の検索

絵本のタイトル、作者、出版社などを入れてください

絵本のベストセラー

新着絵本

最新コメント

リンク


絵本館のManager


絵本館のデザイン

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。