スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖精のくる午後

作・ユーザ・ベレリ 絵・訳・こみねゆら 偕成社

妖精のくる午後




それは暖炉の上の人形のお話。

人形はひとりぼっちです。
リビングの暖炉の上で
くる日もくる日も誰かを待っています。
ひたすら待っている人形の気持ち、
辛そうで切ないですけど、少し希望もありますね。

どうあがいても動けない時もあります。
動ける時は動かないともったいないですね。

人形はゆりの花の香りが好きなのです。
それは、希望の香りだから。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

Secre

今日の気分は?

四つ葉の検索

絵本のタイトル、作者、出版社などを入れてください

絵本のベストセラー

新着絵本

最新コメント

リンク


絵本館のManager


絵本館のデザイン

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。