スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごろはちだいみょうじん

作・中川正文 絵・梶山俊夫 福音館書店 

ごろはちだいみょうじん(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集 (12))





それはタヌキと村人の絆のお話。

いたずら好きのタヌキのごろはちと、
それを自然と受け入れている村人たち。
彼らはお互いの生活を認め合っています。
ごろはちも村の住民の一人、いや一匹なのですね。
それはどのページのエピソードにも、
風俗、表情が活き活きと描かれた絵にも表れています。

タヌキも人間も山々も田畑も鉄道も
すべて地球の風景だと実感します。

「めでたし めでたし。 というたかて なにが めでたいのやろ。」
と締めくくる文章が目頭を熱くさせますね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

Secre

今日の気分は?

四つ葉の検索

絵本のタイトル、作者、出版社などを入れてください

絵本のベストセラー

新着絵本

最新コメント

リンク


絵本館のManager


絵本館のデザイン

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。