スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーマン

作・レイモンド・ブリッグズ 訳・樹山かすみ

スノーマンスノーマン
(1994/11)
レイモンド ブリッグズ

商品詳細を見る


それは、信じる心を持つお話。

男の子のジェームズは雪の日に
大きな雪だるまを作りました。
雪だるまは英語で「スノーマン」というのですよ。
その夜、ジェームズの家に
ジェームズの作ったスノーマンが訪ねてきますよ。

何かを信じるということは、
簡単なようで、実は勇気のいることです。

スノーマンとジェームズのハグ。
信頼し合う二人なのですね。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

こうさぎのクリスマス

作・松野正子  絵・萩太郎 福音館書店
こうさぎのクリスマス

それは、ないしょの贈り物のお話。

森のりすも、くまも、のねずみも、きれいにツリーをかざっています。
どうしよう、そうだ!そうしよう。
サンタクロースを待つどきどきと、
喜んでくれるよう、贈る用意をするわくわく。
夕方から雪がふりはじめ、木々もしずかに準備をはじめます。
ぬきあし、さしあし…やって来るのは、クリスマスの魔法です。

そっと、誰かが贈ってくれたもの。
あちらこちらに、たくさんあるのかもしれません。

きつねも、あたたかなクリスマスを迎えられたでしょうか。
にいさんのすりきれた背中、よくなったかな?
'

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

12月通り25番地

作・ヘレン・ウォード 絵・ウエイン・アンダースン 訳・岡田淳
BL出版
12月通り 25番地




それは、イブだけ開いているお店のお話。

女の子は、イブの夜に町でプレゼントを探していますよ。
にぎわっている大通りからはずれ、
人気のない12月通りへ迷い込んだ女の子。
そこには不思議なお店と、不思議なお客がいるのですね。
女の子はプレゼントを見付けられたのでしょうかね。

プレゼントはあげる人の気持ちが詰まっています。
貰った人は、いつか必ず感じるものです。

不思議なお店では、
女の子の方が不思議なお客なのかもね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

サンタクロースはきっとくる

作・薫くみこ 絵・小松咲子 ポプラ社
サンタクロースはきっとくる (絵本・いつでもいっしょ)




それは、純粋な心のお話。

クリスマスイブの夜、
冷たくて、青く凍りついた雪が女の子の耳の中でささやきます。
雪が町を覆い、人々の心を覆う暗くて思い存在に見えますね。
女の子の妹だけは、違いました。
だからその心が、輝いて見えるのですよ。

信じる心は、何よりも強いのです。
それを忘れることが弱いのです。

女の子の妹は、どんな時でも笑顔です。
それだけでも、強いと分かりますね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

よるくまクリスマスのまえのよる

作・酒井駒子 白水社

よるくまクリスマスのまえのよる





それは不安な夜のお話。

クリスマスイブ。
男の子はお母さんに怒られたので
サンタクロースが来ないのではと不安です。
そこへ夜の様に黒いくまがやってきます。
男の子の不安と、クリスマスイブの華やかさが交差する
複雑で不思議な夜ですね。

子どもを優しく包む親の心が
子どもにとって何よりのサンタクロースなのです。

よるくまはサンタクロースもクリスマスも知りません。
だけど、寂しくないのですよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

こびとのおくりもの

再話・上沢謙二 絵・萩太郎 福音館書店

こびとのおくりもの

それは森のこびとの素敵な贈り物のお話。

孤児の女の子、ヒルダは、
里親の家族と幸せに暮しています。
クリスマスの日、
家族へのプレゼント、まつかさを拾いに
森へ行くとこびとに出会います。

優しい気持ちには、優しい気持ちが集まってきます。
気持ちの連鎖があるのですね。

サンタクロースも
ちょっと苦笑いですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ぐりとぐらのおきゃくさま

作・なかがわりえこ 絵・やまわきゆりこ 福音館書店

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))





それは年に一回のお客様のお話。

ねずみのぐりとぐらは森の中で
雪の上の足跡を見つけます。
ぐりとぐらにとっては大きな足跡なのです。
なぞの足跡を追いかけるぐりとぐらの
表情と会話が素朴でかわいいですね。

うれしいことをみんなで分け合っておくと、
その後もみんなでその時の話が楽しく出来ますよ。

お客さんは意外ですよ。
その登場の仕方もね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

こねこのバベット

作・クレアターレイ・ニューベリー 
訳・光吉夏弥 ブッキング

こねこのバベット





それはご近所と暮すお話。

女の子のチャッティは、
ひとりでお留守番をしているときやってきた
子猫と仲良しになります。
チャッティの子猫を世話する時の
うれしそうな表情が思い浮かびますね。
子猫の絵も触ると壊れそうなくらいかわいいです。

ご近所の人との関わる事は、
自分の居場所を広げることでもあるのです。

子猫のお母さんの名前。
「セロハン」って言うのですよ。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ダーチャのいのり

作・木崎さと子 絵・黒井健 女子パウロ会

ダーチャのいのり





それはクリスマスの過ごし方のお話。

ダーチャは夏の間、農作業をするための家です。
だから、冬はだれもいません。森の動物以外はね。
雪の積もっている日、ダーチャは
怪我をしたトナカイの仔を見つけるのです。
何も出来ないダーチャのやるせない気持ち、
衰弱するトナカイの仔、胸が苦しくなります。

何も出来ないのは、何もしていないのと同じ、
少しでも行動することが大切なのですね。

ダーチャは家なので動けません。
でも、とても優しくて強いのですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

やさいのクリスマスおおさわぎ

作・さくらともこ 絵・米山永一 PHP研究所

やさいのクリスマスおおさわぎ (PHPわたしのえほんシリーズ)





それは野菜の国のお話。

野菜の国の野菜のお城のクリスマス。
みんなサンタさんを見たことがありません。
どんな人かな?と、お話します。
知らないことをお話しするのって、
どこまでも続きそうで楽しいですよね。

仲の良い友達と過ごした時間は、
いつまでも心にのこりますね。

野菜のお城にケチャップさんがいるのが、
不思議で楽しいですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

今日の気分は?

四つ葉の検索

絵本のタイトル、作者、出版社などを入れてください

絵本のベストセラー

新着絵本

最新コメント

リンク


絵本館のManager


絵本館のデザイン

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。