スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワニぼうのこいのぼり

作・内田麒麟太郎 絵・高鼻純 文渓堂

ワニぼうのこいのぼり





それは風と仲良くなるお話。

ワニぼうとお母さんとお父さんは、
こいのぼりを買いましたよ。
気持ちよさそうに空を泳ぐこいのぼり。
お父さんが楽しい事を始めましたね。
でも、町中みんな、やっていますよ。
五月の風は気持ちよさそうですね。

非常識が常識になることは、
そんなに難しいことではないのです。

この町のこいのぼり?は、
ちょっと笑えますよ。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

いすがにげた

作・森山京 絵・スズキコージ ポプラ社

いすがにげた (絵本のおもちゃばこ)





それは、自由を求めたいすのお話。

おばあさんとずっと一緒にいたいすが
逃げてしまいましたよ。
おばあさんは慌てていすを探しに行きますね。
いすとおばあさんの過ごした時間が、
とても素敵ですね。

自由は自由に飛び回るだけではなく、
自由にじっとしているのも、自由なのです。

いすの背もたれのいすの表情、
何も言わないのに、気持ちが伝わってきますね。

そらまめくんとめだかのこ

作・なかやみわ 福音館書店

そらまめくんとめだかのこ(こどものとも絵本)





それは小さなお船のお話。

雨降りの後には水溜りが出来ます。
そらまめくんたちは水溜りで遊び始めました。
豆たちの遊びは小さくてかわいいですね。
そらまめくんの気持ちが
水溜りにいっぱいあふれますね。

気持ちが変わるボーダーは人それぞれ。
だから喧嘩したり、認め合ったり出来るのです。

そらまめくんたちが見つけためだかのこ。
愉快な作戦が始まりますよ。

おんがくかいのよる

作・たしろちさと ほるぷ出版

おんがくかいのよる―5ひきのすてきなねずみ(海外秀作絵本)






それは月夜に響く歌声のお話。

5匹のねずみは月夜に
素敵な音楽会を聞きました。
それはカエルたちの音楽会です。
ねずみたちも音楽会を開こうと準備をするのですよ。
街にあるいろいろなものを楽器にかえて、
愉快な音楽会の始まりです。

音楽はみんなのものなので、
ボーダーは無いのです。

ねずみの音楽会に、
素敵なお客様が来てますよ。

みどりのしっぽのねずみ

作・レオ=レオニ 訳・谷川俊太郎 好学社

みどりのしっぽのねずみ―かめんにとりつかれたねずみのはなし





それは、仮面をかぶったねずみのお話。

静かな森の奥の片隅に、
のどかで平和なねずみたちが住んでいますよ。
街のねずみがやってきて、
仮装をして踊ったり唄ったりするお祭りのお話を聞きました。
平和なねずみたちがお祭りに夢中になって行く様子が
おかしくも恐ろしいですよ。

自信をつけることと、
虚像に振り回されることは、紙一重なのです。

しっぽを緑に仮装したねずみが、
唄って踊るのです。

ばけばけ町でどろんちゅう

作・たごもりのりこ 岩崎書店

ばけばけ町でどろんちゅう (カラフルえほん)




それは、おばけのどろぼうのお話。

おばけの町のどろぼうの、どろんちゅう。
今日も大好きなチーズケーキを盗みます。
怒っている盗まれた町の人、
チーズケーキをおいしそうに食べるどろんちゅう。
みんな、おばけなのですが、かわいいですね。

お母さんの存在って、
どこの世界でも偉大なのです。

おばけが作るチーズケーキも、
なかなかおいしそうですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

ポッケのワンピース

作・つちだのぶこ 学習研究社

ポッケのワンピース (学研おはなし絵本)





それはだれでも入りたいポケットのお話。

女の子のブブノアさんは
お母さんにポケットのいっぱい付いた
ワンピースを作ってもらいました。
ワンピースを着て外に出ると
動物たちがそのポケットに入ってきますよ。

ポケットに入るのは、
入れる人と、入る人の信頼なのです。

こぐまもポケットに入りたいのです。
ポケットが壊れてしまいますよね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

おばけのきもち

作・きむらゆういち 絵・のぶみ ソニー・マガジンズ

おばけのきもち (にいるぶっくす)





それは、何も言わないお化けに出会った話。

アヤちゃんは夜道でお化けに会ってしまいます。
逃げて、ぬいぐるみを落として
最後は気絶してしまいます。
アヤちゃんの恐怖におののく表情とは対象に、
お化けは丸くてかわいいのですよ。

相手の気持ちを考えるのは、
自分のイメージでしかないのですね。

おばけはつぶらな瞳、愛らしいです。
でも、夜道では出てこないでね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

どんどんしっぽ

作・竹内通雅 あかね書房

どんどんしっぽ (あかね・新えほんシリーズ)





それはたぬきのしっぽの気持ちのお話。

たぬきのしっぽが話しかけてきます。
たぬきのしっぽは別人のようなのですよ。
たぬきはびっくり、
そのうちしっぽが嫌になります。
けど、自分のしっぽ。複雑な気持ちなのですね。

情とは時に優しく、時に厳しくです。
それがから付き合うのが楽しいのですけどね。

たぬきのしっぽの大柄さには
あきれてしまいました。

あめあがり

作・きむらゆういち 絵・梶山俊夫 小峰書店

あめあがり (えほん・こどもとともに)





それは気持ちの再確認のお話。

犬のジョンと男の子のゆうくんは
とてもなかよしです。
でも、些細なことで喧嘩をしてしまいます。
逃げ出したジョンが雨の中歩いているところは
悲しくて寂しいですね。

喧嘩をしても、別れても、
本当はきらいになれない事の方が多いのですね。

相手の悪いところと良いところを
ジョンはちゃんと見ていたのですね。

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

今日の気分は?

四つ葉の検索

絵本のタイトル、作者、出版社などを入れてください

絵本のベストセラー

新着絵本

最新コメント

リンク


絵本館のManager


絵本館のデザイン

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。